忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近は、来月8月19日にデビューアルバム「hot chase」をリリースするソロプロジェクトBLACKQP'67で使用しているテナーサックスの練習をしています。
僕は、これまでずっとアルトサックスをメインに活動してきました。
フルートや、ソプラノサックスは、持ち替え楽器というサブポジションで使用していますが、
テナーサックスは、演奏スタイルの違いや、楽器自体の存在感も大きく、簡単に持ち替え楽器という訳にはいかない感じです。

BLACKQP'67では、メイン楽器としてテナーサックスを使用しています。

本格的に練習し始めて、一年位経つのですが、まだまだ扱いに慣れません。
でも少しずつは、イメージが膨らんでいます。

昨日も、イメージを膨らますため、CDを買ってきたので、紹介します。

テナーサックス奏者、デクスターゴードンのブルーノートの作品「gettin' around」です。
デクスターゴードンは、歌いっぷりが、朗々としていかにもテナーらしくて大好きなプレーヤーです。
アメリカのミュージシャンですが、ヨーロッパで活動していた時期もあり、
アメリカ本国で録音した作品と、ヨーロッパのミュージシャンとのセッションでの録音で違う味わいがあり、面白いです。
この作品は、ヨーロッパから一時帰国した際にブルーノートに吹き込まれた作品だそうです。
ヨーロッパ滞在中の作品では、僕の好きな北欧のヴォーカリスト、カーリン・クローグとコラボレーションした「blues and ballads」もお薦めです。

gettin' aroundはの一曲目は、「manha de carnaval」(黒いオルフェ)で、
この曲は、ポールデスモンドを紹介した時も書きましたが、大好きな曲です。
スタンゲッツ、ジェリーマリガンなどいい演奏たくさんあるのですが、デクスターゴードンの黒いオルフェは、哀愁の中にも少しおちゃめな感じもあり個性的です。
アルバムは、ワンホーンカルテットで、ミディアムとバラードナンバーが多く、リラックスしたいとき聴くのに最適です。

デクスターゴードンで、思い出すのは、彼が役者として主演している「ラウンドミッドナイト」という1986年の映画です。
ピアニスト、バドパウエルのヨーロッパ滞在時のエピソードを映画化した作品で、内容も、そこで演奏されいる音楽も本当に素晴らしい作品です。

僕が買ったgettin 'aroundは、現在EMIから発売されているブルーノートベスト&モアというロウプライスのCDなんですが、
そのライナーノーツを、元ジャズ批評の編集長原田和典さんが書いていました。
原田さんの著書で「コテコテデラックス」というソウル、ファンクジャズのバイブルとも言える本があって、そこで紹介されているアルバムを僕は、よく収集して聴いてきました。
BLACKQP'67の曲を作るときに、それらの作品からとてもインスパイアされたので、
だめもとで、原田さんに来月リリースするBLACKQP'67のアルバムのライナーノーツお願いしたら、引き受けてくれました。
アルバムリリースするのがとても楽しみです。

イメージ湧いてきたので明日、テナーサックスまた練習します。
もちろんアルトも頑張ります!

フルートもソプラノも練習します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone