忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いよいよnativeニューアルバム「futurism」のリリースまで1週間となりました!

完成した音源を車の中でよく聴いていますが、
ドライブにもピッタリです。

本当に活動10周年に相応しいアルバムになりました。


2004年にリリースした最初のnativeのフルアルバム「snobbism」は、かなりラウンジ寄りのアルバムで、ライブでのnativeとは切り離したアルバムとしてのディティールにこだわった作品でした。
「intentions」「upstairs」で、少しずつライブとのイメージの差を縮め、
昨年2008年にリリースした「just four」では、初めてメンバー4人だけでのアルバム製作に挑み、nativeのバンドサウンドを明確にしました。
 
2007年にドイツのレーベルinfracomからアルバム「prussian blue」をワールドリリースし、タイトル曲「prussian blue」をニコラコンテがリミックスをして以来、nativeは、ハードバップというイメージが強くなりました。
 
前作「just four」では、イメージも大切にしつつ、クラブジャズシーンでのnativeの立ち位置を意識して製作しましたが、
新作「futurism」は、あまりそういった体裁を気にせず、自分達のやりたいこと、できることを素直に表現しました。
 
「futurism」は、未来派という意味です。
 
僕達は、ジャズというトラディショナルな要素が必要とされる音楽の中で、
時代性を意識し、常に現代的な感覚で音楽を作ってきました。
それは、決してアヴァンギャルドなものでなく、
よりナチュララルに大衆に受け入れられることを目標としていて、
芸術性と大衆性がマッチするというのが、僕達の理想です。
 
自分達が、その理想を達成する担い手でありたいと思います。
それには、「futurism」でなければなりません。
 
「futurism」10年間のnativeの活動の集大成です。

 
たくさんの人にnativeニューアルバム「futurism」聴いてもらえることを願っています。
 
2009/6/24(wed) new album native/Futurism release!
check out!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone