忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日は、大須チェザリで恒例のジャズセッションライブでした。

ギター遠藤君、ベース谷井君、ドラム神谷さんと僕のカルテットで演奏しました。

僕は、2ステージ目から参加、
会場に着く前、ばたばたしていたせいもあって、全然やる曲を考えておらず、
ステージに立ってから、メンバーに「何やる?」って
聞いてみたところ
「you'd be so nice to come home to」と谷井君から返事があり、
やることにしました。

「you'd be so nice to come home to」と言えば、
ヴォーカルだったらヘレンメリルの演奏が有名ですが、
インストでは、meets the rythm sectionのアートペッパーです!

アートペッパーの使用していた楽器は、以前このブログでも紹介しましたマーチンコミッティーです。

昨年4月に1960年代マーチンコミッティーを手に入れてから、僕もそのサックスにはまってしまったのですが、
実は、最近、1950年代の同機種を手に入れ使い始めました。

ちょうどmeets the rythm sectionの録音された頃の楽器です。

白人アルトでは、どちらかと言えばアートペッパーよりもポールデスモンドが好きなんですが、
「you'd be so nice to come home to」を演奏するとなるとアートペッパー意識してしまいます。
たまに顔も似てると言われます。(自分でそう思っている訳じゃないですよ、、、。)

僕のマーチンコミッティーが心地良くサウンドしてくれました。
本当にいい楽器です、マーチンコミッティー最高!

先日のnativeのレコーディングでも、この楽器使用しました。
録音音源何度も聴いていますが、自分の理想の音色に近づけた気がしています。

昨日も楽しいセッションライブでした。

遠藤君、谷井君とは、明日(もう今日ですが) 2月13日(土)、
19時半から花小路(http://www.hanakouji.net/site/home.html)でライブあります。

そしてその後、23時半からle jazz modal(http://blogs.yahoo.co.jp/lejazzmodal)のマサマンボの「ゴールデンアワー」でBLACKQP'67が特別生演奏です!



今日、オークションでナイジェリア詐欺に合いました。
被害を受ける前に気が付いてよかったんですが、
皆さん、気をつけて下さい!
詳しくは、下記リンク参照
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412074499







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
神谷雄一郎4@CESARI レポ
(一部誤記訂正しました2/14) 2月11日(木・祝)名古屋市中区大須のOFFICINA di CESARIさんでのライブに 仕事帰りに立ち寄らせて頂きました メンバー...
URL 2010/02/14_Sun_:36:40
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone