忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日は、一日曇っていて時折小雨が降ったりして、
なんか寂しい感じの一日でした。

僕は、見た目では神経質そうに見られがちですが、
実際は、そんなに気難しい方ではないと思います。

気分の落差もそこまで激しくないと思うのですが、
今日は、どんよりした天気も重なって、ちょとダウナーです。

ちょと凹んだときに、みんなどんな音楽を聴くんでしょうか?

そういうときに僕がよく聴くのは、
フェイバリットアーチストの一人であるポールデスモンドの音楽を聴きます。

ポールデスモンドといえば、デイブブルーベックカルテットのサックス奏者で「take five」の作曲者として知られていますが、
僕が、好きなのは、ブルーベックカルテットよりもポールデスモンド自身のカルテットで、
ギタリストのジムホールとコラボレーションしているアルバムです。

その中でも特にお勧めのアルバムは、「bossa antigua」と「take ten」で、
今日は「take ten」を紹介します。

「bossa antigua」は、全曲ボサノバのアルバムで全編通して聴くことが多いのですが、
「take ten」は、挿入されている「black orpheus」ばかり何度も聴いてしまいます。
他にも「alone together」「nancy」等、素晴らしい演奏が入っているのですが、
デスモンドの演奏する「black orpheus」は、曲調そしてジムホール、パーシーヒース、コニーケイのサポートがあまりにもはまっていてアメージングとしか言いようがないです。

ジムホールが、これほどまでにシンプルな演奏をしているのは、デスモンドカルテットでしか聴いたことがないです。

ポールデスモンドのサックスは、どこまでもソフトで優しく、歌いまわしもリリカルで、物悲しくも聴こえますが、
でも彼の演奏を聴くと、気持ちが落ち着き、前向きな気持ちになれます。

いわゆる癒されるということかもしれませんが、けっしてヒーリングミュージックではありません。

明日は、nativeのライブが、渋谷のspumaであります。
「black orpheus」を聴いて癒されたので、明日は、アッパーで頑張ります!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone