忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近は、不況の話題が多くて、さすがに経済的なことが心配です。
好きなことをやって生活していくには、それなりのリスクが伴います。

これまで宝くじとか興味もなく、買ったことがなかったのですが、
よく利用する家の近くのATM機の前に宝くじ売り場があって、
一ヶ月前位から、ATMに寄たっときに、時々宝くじ売り場で、スクラッチを買うようになりました。

これまで2回買って、全部はずれだったのですが、
今日は、1000円分買って、1200円当たりました。

200円得しただけなので、喜ぶほどのことはないのですが、当たることもあるんだと関心しました。
でもよくよく考えて、3回やってるので、結局損してます。

楽してお金儲けしようと思ってもだめなので仕事頑張ります。

どういう生き方をするのが、幸せかというのは、人それぞれですね。
僕は、お金に余裕なくても好きな音楽ができるのが、自分にとっての幸せだと思います。

今日は、ハッピーになれる音楽を紹介します。
クインシージョーンズの「big band bossa nova」です。
このアルバムの一曲目の「soul bossa nova」を聴けば、「これか」と思う人も多いと思います。
コマーシャルや、映画、ドラマのBGMによく使われています。

クインシージョーンズは、もともとは、ジャズトランペッターですが、
プレーヤーではなく、プロデューサー、アレンジャーとして知られています。
現在はジャズの世界でなく、ポップミュージックの代表的なプロデューサーです。

ジャズの場合、どうしても個人の演奏力ばかりにウェイトをおいてしまいがちですが、
僕は、優れたバンドリーダーや、プロデューサーによって構成されたコンセプシャルなジャズが好きです。

「big band bossa nova」は、その典型で、バンドメンバーの人選、選曲、アレンジどれをとってもナイスです。
ボサノバというタイトルの通り4ビートジャズは挿入されていませんが、
絶対にジャズミュージシャンしか奏でられない正真正銘のジャズサウンドで、
ジャズでありながらポップなアルバムです。
ジャズファンの中には、ポップという要素をマイナスイメージにとる人もいると思いますが、
芸術音楽としてのジャズの品格を落とさずにポップに仕上げるセンスが大切だと思います。

「big band bossa nova」という同タイトルのサックスのスタンゲッツのアルバムでゲイリーマクファーランドがアレンジ、プロデュースしているアルバムがありますが、こちらもいいアルバムです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
soul bossa novaは
オースティンパワーズのオリジナルだと思っていました‥
いつも中村さんのブログから新しい事を教えて頂いてます。
次のアルバム、早く聴きたいっ(^^#)楽しみにしています。
ハルカ 2009/05/26_Tue_:20:01 編集
無題
ハルカさん、
最近だとオースティンパワーズのイメージですね。
1963年にリリースしたとは、信じられないです。
nativeのニューアルバム「futurism」まであと一ヶ月になりました。
楽しみにしていて下さい。
blackqp 2009/05/26_Tue_:25:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone