忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日は、ご機嫌な一日でした。
ちょっと嬉しいことがあると、すぐに元気になってしまいます。
我ながら単純な性格であきれます。

今日は、気分に合わせて最高にご機嫌なアルバムを紹介します。

「好きなプレーヤーは?」と、人から聴かれたときに、
よく僕が答えるのは、
先日紹介したポールデスモンドと、
もう一人、1926年生まれで現在も活躍中のアルトサックス奏者ルードナルドソンです。

ルードナルドソンは、ジャズの歴史的なアルバムでblue noteの名盤、
ホレスシルバー&ジャズメッセンジャーズの「a night at birdland」にクリフォードブラウン等と共に参加しています。
「a night at birdland」では、チャーリーパーカー直系の正統派バップスタイルの演奏が聴けます。

彼自身のリーダーアルバムも、blue noteから多くリリースされていて、
僕は大ファンなので、ほとんどのアルバムを持っています。
近年は、オルガン、ギターの入ったカルテットでのバンドスタイルですが、
そのスタイルになる前は、サックス+ピアノトリオにコンガを加えたバンド編成でした。

オルガンもコンガが入っているのも、正統派のジャズファンからは、敬遠されがちですが、
そんなことはお構いなく、ルードナルドソンは、常にご機嫌です。

今日は、彼のアルバムの中でも特にご機嫌な1966年にリリースされた「blowing in the wind」を紹介します。
タイトル曲「blowing in the wind」は、ボブディランや、ピーターポール&マリーが歌っていた反戦歌ですが、
ルードナルドソンの演奏する「blowing in the wind」は、反戦歌と思えないほど
ノリノリで楽しい雰囲気です。

その他にも「hello dolly!」「herman's mambo」など聴いてるだけで楽しくなってしまう曲満載のアルバムです。

ルードナルドソンのような正真正銘のジャズマスターが、
for musicians onlyではない楽しい音楽をいつも聴かせてくれることが、
同じミュージシャンとしてとても励みになります。

今年は、9月に開催される東京ジャズに出演するために来日します。
東京ジャズでは、quasimodeとも共演するそうです。
羨ましい!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone