忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



深夜にブログを書いているのも原因のひとつなんですが、
最近は、すっかり昼夜が逆転した生活を送っています。

昼間も自宅のNAT studio(http://blackqp.iiyudana.net/nat.html)で練習してることが多く、結構引きこもりがちです。

今日は、久しぶりに朝早起きして出かけました。

天気は、快晴ではありませんでしたが、暑すぎず、気持ちのいい一日でリフレッシュできました。

リフレッシュした気分にぴったりの今日のBGMは、ピアニストのホレスシルバーのアルバム「the jody grind」です。

ホレスシルバーの音楽は、とても個性的です。
伝統的なジャズやブルースのフィールが根底にありますが、同時に様々な音楽(特にラテン系)のスケールやリズム的な要素も取り込んでいて、エキゾチックな雰囲気をかもし出しています。

演奏スタイルも独特で、ピアニストが担う役割を超えて、リズム楽器の役割まで果たしています。
本人のピアノソロ中でも左手でリズムを刻んでいることが多く、
楽曲通して、リズムのアクセントが途切れることがありません。

クラブジャズイベントでは、ホレスシルバーの曲は、定番になっていますが、
踊るためにリズムのループが欠かせないクラブミュージックとしては、本当にぴったりです。

ホレスシルバーのバンドの編成では、サックス、トランペットの入った二管、三管編成のスタイルが好きです。

「nica's dream」、「song for my father」、「nutville」など、たくさん有名な曲があります。

「the jody grind」も、トランペット、アルトサックス、テナーサックスのフロントセクションにピアノトリオというsextetの編成です。
一曲目の「the jody grind」からヒップでエキサイティングな演奏を聴かせてくれます。
はずれ曲なしのいいアルバムです。
その中で特に印象に残るのが、「mexican hip dance」です。

このアルバムの中では、一番エキゾチックな雰囲気のする曲ですが、独特ないい感じを出しています。

この「mexican hip dance」を最近カバーした日本のバンドがいます。
ヴィブラフォンの渡辺雅美さん率いるthe fascinations(http://www.the-fascinations.net/)で、nativeとも交流があります。

今週の土曜日6月6日、名古屋doxy(http://www.doxy.biz/index.htm)でthe fascinations「latona」リリース記念ライブがあります。
ゲストで僕も出演します。

「mexican hip dance」も演奏するかもしれません、楽しみです!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ホレスシルバー大好き♪
「latona」にはst.vitus danceもはいってますね(≧▽≦)
中村さんゲスト出演されるのですか~
ぁあ、行きたい(T-T)
Amy 2009/06/05_Fri_:09:44 編集
無題
Amyさん、
はい、the fascinationsには、以前もクラブイベントでゲスト参加させてもらったことがあって2度目です。
頑張ります!
blackqp 2009/06/06_Sat_:05:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone