忍者ブログ
sax player、sound producer 中村智由のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

12月26日、Tomoyoshi Nakamura quartetでもピアノを弾いてもらっている春名君企画で星が丘粋人カフェでライブを行いました。
春名君企画は、この日から3日間クオシモード、トレメンのパーカッション奏者マツさんをフューチャーしてのライブ

僕は初日だけの参加で、このライブやるにあたってリクエストをお願い
 
以前名東区シャンパンブランチでやっている恒例のライブでマツさんに一度ドラム叩いてもらったことあって、そのときのドラミングが実はすごく気に入っていて、またマツさんのドラムで一緒に演奏する機会があるといいなと思っていました。
別日にパーカッションでのライブもあるということで、じゃあこの日は是非ドラムでというリクエスト
遠藤君もメインはギターだけどたまにベースも演奏して、しかもボトムのあるしっかりした演奏ができるので、マツさんもレアなドラムだし遠藤君にもベースで参加してもらうことに

粋人カフェにはこの日初めて行ったのですが、なんと翌日27日で閉店してしまうということで、お店にとってもメモリアルなライブ

ライブは、割りと直前に決まったライブで告知が遅かったにも関わらず、会場満員のお客さんに来ていただきました!

演奏は、やっぱりマツさんのドラムはすごく味がある!!
本人曰く、音にこだわっているということ
そう言うのがすごくよくわかるプレイで、ドラムという一つの楽器でなくスネアだったり、
タム、シンバルとセットの各パートにちゃんと独立した音のキャラクターがあって
ミニサイズの練習用ドラムにも関わらず、ホンモノ感のある音が出てるのにビックリ

遠藤君のベースもなかなか良くて、ワイドな体格生かしてのボトム感のあるプレイ

二人の歌心ある素晴らしいプレイ、それにスインギーでこれまた味のある春名君のピアノが加わったリズム隊のご機嫌なグルーブをバックにしての演奏は、とても楽しかったです!!

こういうライブをして感じるのは、
その楽器をメインにしているプレイヤーには、もちろんもっと技術的に沢山できることがあるけれど、楽器技術に対する執着がときに音楽性に関係なく一人歩きさせてしてしまっているんじゃないかなと
もちろん自分自身もそういう傾向はあるだろうし、ライブパフォーマンスするときには気をつけないといけない、、、やっぱりみんなで作りだす音楽のいちパートになっていないと

ライブ演奏を楽しみつつも、そんなことも考えたり、、、

この日のメインMCはライブ企画者の春名君で、時々マツさんや僕にもMCがふられてトークも楽しく、
粋人カフェのオーナーまりこさんにも付き合いの長い春名君から花束贈呈あったり、
笑いあり涙ありのいい感じの展開でした!!



ライブ終了後は、いつもお世話になっているダイさん、貴千代さん夫妻たちとシャンパンブランチの姉妹店クラルで打ち上げ、こちらも楽しかった!!

翌日の金山ケニーズでの春名君、マツさんライブにもお邪魔して2曲飛び入り参加させてもらいました!

  
  
久しぶりにマツさんともゆっくり話しができて良かったです。
クオシモードが活動休止するとのことで同時期に同じシーンで活動していたので寂しいですが、今後もこういうかたちでいろいろと共演できたら嬉しいです!!

フォトグラファー望月聡子さんが、粋人カフェでのリハ風景を写真撮影してくれました!!
facebookのアルバムページ ↓↓
 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=869488423102774&id=100001248739814&ref=notif&notif_t=like#!/satoko.mochizuki.75/media_set?set=a.564025577067417.1073741859.100003799407389&type=1&l=6a77e0a8cd&pnref=story

見られない方のために何枚かセレクト、とっても素敵な写真です!!
   
      
       
   
   
    
    
今回のライブ企画者春名君も参加してくれているTomoyoshi Nakamura quartetのライブが、来年2015年2月7日(土)に六本木アークヒルズカフェ http://www.arkhillscafe.com/ 決定しました!!
僕も大好きなファッシネイションズと対バンです!!
是非いらして下さい!!!
PR


一昨日、昨日の二日間、浜松グランドホテルで開催の「メルセデス スターコレクション2014」に細川玄クインテットの一員として参加しました。

トランペッター細川玄さんのことは、10年以上前に彼の1stアルバム「nice groove fat jazz」を名古屋のタワーレコードでたまたま視聴して知り、音楽性に共感して名前を記憶していました。

それから僕がnativeで全国各地で演奏するようになって、横浜モーションブルーで開催している「afrontier」にnativeが出演したときにイベントオーガナイザーでトランペッターでもある長田功さんに自分の弟的な存在であるトランペッターを紹介したいということで紹介されたのが細川玄さんでした。

彼が指向するジャズのビバップをベースにしながら大衆性がある音楽を作るコンセプトは、まさしく自分のコンセプトともと一致していてすぐに意気投合、すぐに親しくなり
中学高校と僕の故郷である浜松で過ごしたということを知りました。

 昨年、久しぶりにアフロンティアをモーションブルーで開催したときに、僕も玄さんのバンド参加出演させてもらいました。
その際にいつか浜松でも共演したいねと言っていたら
今回、玄さんの方からこのイベントへの出演を誘ってくれて再び共演することになりました!

メンバーは、玄さんバンドで何度か御一緒しているピアノ堀越さん、ベース清水さんそしてはじめましてのドラム村上さん

みんな凄腕ミュージシャンばかり

村上さんは、前日にさかいゆうのサポートで四国で公演があったとのことで5時間かけて浜松に移動したとのこと、
話がそれますがさかいゆうの「君と僕の挽歌」大好きです!!

そんな素敵なメンバーと一緒にライブができて楽しい二日間でした!!

このイベントの主催である浜松ヤナセの鈴木さんは玄さんの中学時代のブラスバンド部の同窓生
そして鈴木さんの進学した高校は僕の出身校で一年後輩にあたり共通の知人たくさんいることがわかりました。
そんなこともあって僕にとってすごく大切な友人で何年も音信不通だった友達と再会することができました!!
偶然の繋がりに本当にビックリです!

浜松の実家にも立ち寄ることができたし、懐かしい人にもたくさん出会って、久しぶり故郷を満喫することができました!!

玄さんに感謝!!

写真で振り返ると
 
実家に立ち寄ったときに見つけた新聞のイベント掲載記事
 

一日目、イベント終了後連れて行ってもらった浜松地ビール工房マインシュロス
浜松ジャズウィーク中でライブも行われていました。


メンバーと記念写真


玄さん、鈴木さんと


メルセデスのケーキ


浜松の締めは、さわやかで、久しぶりにげんこつハンバーグ食べました!


楽しかった!!

11月は、native http://www.cnative.com/の「liberation」のリリース記念ライブを各地で行うのですが、合間をぬって個人でのライブも入っているのでお知らせします。

11月1日(土) 名東区 アマンドラ 「amandola一周年special live」
http://amandla-jp.webnode.jp/

11月3日(月祝)栄 ドキシー the fascinations
http://www.doxy.biz/

11月25日(火)八事 ポップコーン with 成瀬順一(org)、箕作 元総(gt)
http://cafe-popcorn.sakura.ne.jp/










 



昨晩は、栄 lounge vio で開催の "カルメラの「名古屋ギンギン大作戦vol.2」"にBLACKQP'67出演しました。

出演は、主催のカルメラと、名古屋のアフロビートバンドbembe、そしてdj 鈴木一彰さん
みんなよく知っているメンバーとあって楽しみにしていました!

主催のカルメラは、2010年にドキシーで対バンしてからの付き合い
関西出身のバンドらいしいエンターテイメント性のあるステージが魅力な最高にハッピーなバンド
メンバー結束も強く、抜群のチームワークであれよあれよという間に人気が出て大きなフェスに出演したり、全国ツアーを決行するバンドなっていきました。

そんな状況で、なかなか対バンの機会もないかなと思ってたので、今回リーダーのゴウシ君に声をかけてもらってとても嬉しかったです!

bembeは、BLACKQP'67のトランペッター天木君もかけもちで所属するバンド
天木君はもともとbembeで活動していて、リーダーの浅野さんに紹介してもらって
BQP67に参加してもらうようになりました。
何度か対バンもしていていますが、久しぶりの対バンでした。

DJ鈴木さんは、名古屋クラブジャズを牽引するDJで、名古屋クラブジャズフェスティバルなどでお世話になっています。
この日もいい選曲で会場盛り上げてくれました!

トップのbembeのライブ
新しくキーボードが加わって、以前よりもコード感が鮮明になってジャジーな雰囲気が強くなったように感じました。
アルト朝道君、テナー関根さんのソロもカッコよかったです!

BLACKQP'67のライブ
スタンディングのライブは、名古屋クラブジャズフェスティバル以来
皆さん踊っていただいて楽しいライブとなりました!
vioでのライブにはいつもジョイントしていたマサマンボがいないのが、やっぱり寂しかったですね。(いたらいたででかいのに人の前に立つなと思うのですが、、、笑)

カルメラのライブ
見る度に迫力とエンターテイメント性が増していくんですが、圧巻のステージでした!!
新しい衣装初めて見たんですが、
リーダーのゴウシ君が黒の燕尾服に蝶ネクタイ、途中指揮する場面も、、、
これってマ○○ンボと同じだな思っていたら
学園天国のコール&レスポンス
さすが本物のミュージシャン、さらに高度なコール&レスポンス(マ○○ンボ完敗、、、笑)
そんなことを思いながら客席で楽しくライブ観ていたら、
MCでいきなりBLACKQP'67の紹介から僕への褒め殺し、、、
すごく嬉しかったんですが、お客さんの視線も集まりかなり照れくさかったです。(シャイなので、、、)
アンコールでは、飛び入りもさせてもらって大好きなカルメラとジョイントできて最高に楽しかったです!!!
カルメラは、来月11月14日も新栄アポロベースでライブだそうです。

本当に楽しいイベントでした!!

この前の水曜日10月15日にnativeの新譜「liberation」リリースしたばかりで、ツアーもあったりしてしばらくnativeの活動が多いですが、
BLACKQP'67の方もまた頑張っていきたいと思います!!






一昨日10月3日金曜日は、栄メモリーレーンでnativeライブでした。
10月15日に3年ぶりのnativeのニューアルバム「liberation」リリースが決定し、
リリース直前のライブとなりました!
おかげさまでレーベル、ディストリビューターに営業していただいて、アルバムのリリースの方も最大限いい形で発信ができそうです!!
改めて音源の方も聴き直していますが、自身持っていい作品が完成した思いますので、
是非たくさんの人に聴いていただきたいです!!



 


メモリーレーンのライブは、以前にnativeのライブを観たことがあって初めてメモリーレーンに来て下さったお客さんが何人かいたり、10年ぶりくらいにライブに来てくれたメモリーレーンの常連さんもいたりで嬉しいライブでした!


 
メモリーレーン終了後、
10月4日の昼間に東京六本木アークヒルズカフェでTomoyoshi Nakamura quartetのライブとうことで、名古屋深夜出発し東京に向かいました。
午前6時過ぎに神奈川の厚木インター出口の側にある厚木健康センターに到着2時間半ほど仮眠しました。
nativeでいろんなイベントに呼ばれてあちこちでライブ行っていた頃は、よくこいういう施設で仮眠することが多かったので懐かしかったです。
こちらの仮眠室もいびきが鳴り響いていました!(笑)
午前9時に厚木出発し予定通り、午前10時に六本木アークヒルズカフェに到着
アークヒルズの音楽週間だそうで、外のテラスにもステージがあって催しが行われていました。
アークヒルズカフェは、噂どおりの素敵なお店で、
さっそくサウンドチェック、音響もいい感じ!!

 

まかないを頂いて


13時、予定通りライブスタート
久々の東京ライブで、たくさんの方に席を予約していただき
ランチを食べにお店に来たお客さんや、音につられて入ってきたお客さんと
会場満員でライブができました!!

 
 

ライブ聴いてCDも購入していただき、テーブル上に置いてあったライブ用のドネーション封筒にもお金を入れていただきました!!
東京でもライブ楽しみにしてくれる方がいるのは、本当嬉しいです!!
これからも頑張ってライブ行っていきます!!

 

ライブ終了後、
今度は静岡日本平で車のホイールのパーティーでの演奏仕事をいただいて、すぐに移動
2時間半かけて17時半に日本平ホテルに到着
山の頂にある夜景のきれいなホテル
こちらではスタンダードジャズ中心に演奏させていただきました。
22時に片付け終えてホテルロビー出ると、パーティー参加者のすごい車が停まっていました。


ぶつけないように注意しながら片付け、、、
名古屋到着は、翌日深夜1時
24時間、ほとんど睡眠とらず、移動⇔演奏 超ハードスケジュール
無事終了
かなり疲労しました
が、充実感、達成感のあるツアーになりました!!















昨日は、新栄lounge vioでマサマンボの「マサマンボサマー」名古屋ラストサマー開催
9月から広島に転居するマサマンボこと芳賀正徳さんの送別パーティーということで
名古屋のマサマンボマニアがvioに集結しました。

マサマンボ主催のゴールデンアワーでもおかかえバンドとして出演し、MCとしてもフューチャーリングして参加してもらっていたBLACKQP'67のライブを行いたかったのですが、メンバーのスケジュール合わず断念

マサマンボマニアの一人としてパーティー参加予定でしたが、
せっかくなので何か演奏やって欲しいとの依頼を受け
急遽ミュージシャンに声がけして集まってもらいライブすることになりました。

注目している若手ミュージシャン、オルガン小池君、ギター濱田君、ドラム柏原君、そして長年nativeで行動共にしていた山下君にもパーカッションで参加してもらって演奏、こんな機会でもないとなかなかこんなメンバーで集まらないので、パーティーの趣旨と関係なくかなり楽しく演奏させていただきました!!

もちろん演奏の最後にはマサマンボ登場、アリゲーターブーガル熱唱してもらいました!

イベント最後に主催者の皆さんが感動のマサマンボとの出会いについて語っていましたが、

僕とマサマンボこと芳賀さんの出会いは、ちょうどBLACKQP'67の活動を開始ししだした頃(2009年?)

BLACKQP'67は、60'sを意識したブーガルやジャズロックを得意とするモッドなジャズバンド

芳賀さんがちょうどスタートした主催イベント「ゴールデンアワー」は少しレトロな雰囲気がするお洒落なジャズパーティー

そしてそのパーティー会場となったle jazz modalは、名古屋でのジャズイベントの発信地になろうとしていました。

見事なまでにコンセプトが一致する出会い、奇跡的な出会いでした。
それ以来、芳賀さんとは、BLACKQP'67、ゴールデンアワーを通じて絆を深めていきました。

名古屋から去るということで寂しさもありますが、長年、ライブツアーで全国駆け巡る活動してきたので、地方の音楽関係者の知り合いも多いので紹介してあげれればと思うし、仲間が違う土地にいるというところで、活動が広がっていくといいなと思います。

今後も「ゴールデンアワー」を名古屋で開催していくということなので、シルクハット、タキシードに身を包んだ長身のうっかりジェントルマンの姿をまた名古屋で見られることを期待しています!!

 
 
マサマンボありがとう!!!フォーエバーマサマンボ!!!

















 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/02 cartier anelli in oro giallo imitazione]
[08/26 blackqp]
[08/25 ファン]
[10/27 blackqp]
[10/18 柚李奈]
プロフィール
HN:
blackqp
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アド
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone